新型コロナウイルスのワクチン開発に取り組む森田・弘大准教授

 弘前大学農学生命科学部の森田英嗣准教授の研究グループは本年度、文部科学省などの助成を受け、新型コロナウイルスワクチンの開発に取り組んでいる。微細なタンパク質の粒子(ナノ粒子)をウイルスに似せて形成し、細胞に入り込みやすく加工することで、免疫を獲得する仕組み。タンパク質ナノ粒子は体内に存在するため、副作用が少なく長期間、安定して効果を維持すると期待されている。現在、世界では、遺伝子ワクチンが使用され始めているが、森田准教授は「長期的なウイルス対策の一つとしてタンパク質ワクチンの研究を進めたい」と語っている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。