青森県五所川原市は14日、豪雪警戒連絡会議を設置し、各部局の市職員で構成する除雪班の結成を決めたと発表した。大雪で市民生活への影響が懸念されるため、除雪班が自治会と連携し、高齢者世帯の玄関先などの雪かきを行う。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から