青森県は14日、新たに青森市24人、上十三保健所管内1人の計25人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。青森市24人(10代22人と30~40代男女2人)は全員、市内の高校の同じ部活動に参加していた生徒22人と教職員ら2人。県と市はこの高校でクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。クラスターは同校生徒と教職員で21人、他校から練習に参加していた人ら関連4人を含めた感染者は計25人となっている。

 県内の感染確認の累計は607人。1月3日に500人台となって以降、11日間で600人を超えた。

 県によると、新たな学校クラスターは、冬休み期間中に行われたスポーツの同じ部活動に起因。合宿や対外試合はなかったが、室内練習に伴う会話、食事、脱衣所などを介して、正月以降数日の間で感染が広がったとみている。練習には県外移動歴のある数人が参加していたが、感染経路は不明。弘前保健所管内で発生した学校クラスターとの関係性はないという。

 市はクラスターの濃厚接触者ら約60人を特定し、検査中。関係者を特定しており現時点で不特定多数に感染が広がる可能性は低い-として、学校名などを公表していない。公立・私立の別も明らかにしていない。学校側の今後の対応については、学校側の判断になるといい、詳細を明かさなかった。校内の消毒作業は今後行う。

 クラスターが発生した高校は、東奥日報の取材に対し「ノーコメント」としている。

 市によると、高校側は12日、同じ部活の複数の生徒に風邪などの症状があることを把握し、市保健所に連絡。同日中に市内の診療・検査医療機関で抗原検査を受け、いずれも陽性が確認された。翌13日には部活の生徒と関係者の計34人にPCR検査を行い、24人の陽性が判明した。10人は陰性だった。

 15日は青森市内の多くの小中学校で始業式が行われるが、休校措置は取らない。小野寺晃彦市長は14日の会見で「各学校には特に衛生管理、マスク着用などをあらためて徹底させる」と述べた。

 このほか上十三管内1人は50代男性で、既に感染が確認されている人の濃厚接触者。11日に発症し、再検査で陽性と判明した。