小早川社長からの書簡を越善村長(左)に手渡す宗常務(右奥)

 東京電力ホールディングス青森事業本部長の宗一誠常務執行役が13日、年始あいさつのため、青森県東通村役場に越善靖夫村長を訪ねた。宗常務は、建設が中断している同村の東通原発について、今後の見通しを「年度末までに示したい」と説明した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から