関村長からの辞職願の提出を受けて開いた会合後、取材に応じる桑田議長

 青森県西目屋村発注の入札を巡り、官製談合防止法違反の疑いで逮捕、起訴された関和典村長(53)が13日、村議会に辞職願を提出した。村民からは落胆や不安の声が上がった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から