新型コロナウイルス感染患者の確認を受け、会見する宮下市長(右)、葛西副院長=13日午後6時32分、むつ市役所

 これまで新型コロナウイルスの発生がなかった下北地方で13日、初感染が確認された。青森県むつ市は市役所で会見を開き、感染拡大の恐れは少ないと強調、地域住民に冷静な対応を呼び掛けた。宮下宗一郎市長は「これまでと同じ対策を繰り返していけば、むつ市は元の(感染者ゼロの)状況に戻る。対策を実施しながら今まで通りの日常を送ってほしい」。市民からは、感染防止対策の継続に向け、あらためて気を引き締める声が上がった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から