青森県は13日、2020年産県産リンゴの20年12月末現在の産地在庫数量が、過去10年間で最も多い24万4125トンだったと明らかにした。大玉傾向で収穫量が多かった上、台湾などで贈答需要が高まる旧正月の春節(2月12日)向けの出荷が12月までに本格化しなかったため、平年を13%上回る数量となった。県りんご果樹課は「品薄で大幅な高値だった前年産並みの価格を維持することは難しいが、計画的に販売を進めれば在庫を売り切れるだろう」との見方を示している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から