青森県は13日、新たに13人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。弘前保健所管内7人、上十三管内と八戸市が各2人、むつ管内と青森市が各1人。下北地方を所管するむつ管内で感染者が確認されたのは初めて。感染経路不明の30代男性で、むつ市は同市在住と発表した。県内の感染確認の累計は582人となった。

 むつ管内は県内で唯一、感染者が発生していなかったが、これで県内全ての保健所管内で感染者が確認された。

 県やむつ市によると、男性は7日に発症し、8日に市内の医療機関を受診。発熱などの風邪症状があったがコロナ疑いとは診断されず、薬を処方され帰宅した。しかし、その後もせきなどの症状が続いたため、12日に同じ医療機関を再び受診。コロナ対応の専用外来のあるむつ総合病院を紹介され、同日中に検査を受けて13日に陽性と判明した。

 濃厚接触者は知人ら数人程度とみられ、むつ保健所が調査中。現時点でクラスター(感染者集団)発生などの拡大の懸念はないという。

 新規感染者13人のうち、経路不明はむつ市の男性のほか、弘前管内の40代男性。いずれも県外移動歴も確認されていない。

 弘前管内の残る6人は10~80代以上男女で、それぞれ既に感染が確認された人の濃厚接触者。このうち10代は3人いるが、県によると同じ学校ではなく、クラスターの兆しはない。

 このほか上十三管内2人のうち40代女性、青森市の30代男性、八戸市の同居する70代男女は、いずれも既に感染が確認された人の同居人。

 八戸市によると、男性は市内の通所型介護施設を利用。直近では7日に利用したといい、市は施設の職員、利用者の計約70人を検査する。施設は13日から自主休業している。

 上十三管内のもう1人は関東在住の20代男性。6日から鼻づまりの症状があった。7日に上十三管内に移動し、陽性と確認された。