参加店舗の県産食材を使った商品を確認するスタッフ

 青森市の青森駅ビル「ラビナ」、弘前市の弘前駅ビル「アプリーズ」など4館を運営するJR東日本青森商業開発と県は15日から、県産食材を使った商品を販売して魅力を発信するキャンペーン「わくわく食わく青森」を実施する。開催に先立ち12日、報道関係者向けの発表会を青森市のA-FACTORYで開いた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。