映画のプロデューサーを務め、エキストラとして出演もする三間さん(左)(製作委員会提供)
短編映画「ふたり~あなたという光~」の一場面(製作委員会提供)

 障がいのある兄弟姉妹がいる人を、平仮名で「きょうだい」と表記し呼ぶことがある。東京都で起業家として活躍する三間瞳さん(37)=青森市出身=は自身がきょうだいであることを公表し、「つらいことを周りに打ち明けられない」など、きょうだい特有の気持ちに光を当てた映画を制作中だ。障がい者を取り巻く現状を伝えようと奮闘している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。