六ケ所村で捕獲された全長約3.5メートルのリュウグウノツカイ(中沢さん提供)

 六ケ所村の尾駮漁港で28日午後、深海魚の「リュウグウノツカイ」を十和田市の建築業中沢信行さん(58)が釣り上げた。全長約3.5メートルで、中沢さんは「タチウオだといいなと思って捕獲した。びっくりした」と驚いた様子だった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。