弘前公園内に立つ、樹齢500年以上とみられる古木「ネズコ」

 「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」ブームの中、弘前公園三の丸に、主人公・竈門(かまど)炭治郎(たんじろう)の妹・禰豆子(ねずこ)と同じ読み方の古木「ネズコ(別名・クロベ)」が堂々とした姿で立っている。樹齢500年超と推定され、青森県が自生の北限。県の天然記念物に指定されているネズコは長年、弘前の発展を見守っており「後世に伝えていきたい樹木」として大切にされている。鬼滅ブームのおかげで地元では若い世代にもよく知られており、公園関係者は「これを機会に、多くの方々に親しんでもらえれば」と話す。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。