記事の書き方や見出しの付け方について学んだ竹館小の児童たち

 青森県平川市の竹館小学校(神田昌彦校長)は21日、東奥日報社の鎌田浩伸読者部長を講師に、新聞をテーマにした出前授業を同校で行った。4年生10人が新聞づくりの過程や記事の書き方、見出しの付け方などについて学んだ。

 鎌田部長は、新聞にはニュースのほかにも生活に役立つ多くの情報が掲載されていると紹介。同校が取り上げられた記事を題材に、新聞の文章には「だれが」「いつ」「どこで」「なにを」「なぜ」という基本要素が必ず入っていると説明した。

 続いて児童たちはイルミネーションや門松づくりなど、季節感のある写真に見出しを付けたり、イメージする言葉を書いたりして発表した。想像力を膨らませながら「キラキラおうち」「みんなの家に笑い竹」など、個性豊かな見出しを付けた。鎌田部長は「みんなはまだ新聞記事を読むのは難しいところがあるかもしれないが、写真を見るだけでもニュースはある程度伝わる」と語った。

 木村希音(まお)さんは「写真の細かいところまで見ていたら見出しが浮かんできて楽しかった」、田中瑠葵(るきあ)君は「記事の内容が分かるように、短い言葉で見出しを付けるのはすごいと思った」と話した。