吹雪の中、岩木山への日没を待つ大森勝山遺跡冬至モニターツアーの参加者

 世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産となっている青森県弘前市の史跡大森勝山遺跡で、市教育委員会は21日、観光、ガイド関係者らを対象にした冬至モニターツアーを行った。冬至の日の夕日がちょうど岩木山頂に沈む場面が同遺跡から見えるため同日開催した。ただこの日は岩木山周辺が雪雲に覆われており、縄文人も見たであろう神秘的な日没を見ることはできなかった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から