客席を仕切るアクリル板を消毒する従業員。各店ともコロナ対策を万全にして客を迎えている=弘前市本町の「佐和家」

 「暮れこそは期待していたのに…」。例年なら忘年会でにぎわう時期にもかかわらず、青森県内の飲食店や宴会場は、新型コロナ感染拡大の影響で客足を大きく減らしている。利用客をつなぎ止めようと、オードブルなどのテークアウト販売に乗り出したり、感染症対策を工夫したりしているが「年明け以降、さらに厳しくなるのでは」と一向に好転する兆しの見えない状況に、経営者らは不安を募らせる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。