第97回全国高校野球選手権青森大会は第2日の10日、青森市営、はるか夢(弘前運動公園)、六戸メイプルスタジアム、八戸市長根公園の4球場で1、2回戦11試合を行った。弘前南は同点の延長十回、6番赤平が左越えに2点本塁打を放ち、6−4で弘前にサヨナラ勝ちした。岩木は3−3で迎えた九回、4番清野の適時三塁打などで4点を挙げ、7−3で五戸を破り、4年ぶりの初戦突破。名久井農は初出場の明の星を12−4の七回コールドで破った。このほか三沢、弘前工、弘前実、三戸、東奥学園、黒石商、東奥義塾、むつ工が次戦に駒を進めた。大会第3日の11日は4球場で2回戦8試合を行う。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)