連携協定を結んだ三戸町の松尾町長(右)と中大の鎌倉理工学研究所長

 高齢化が進む中、農作業の負担を軽減する装置「アシストスーツ」の普及を図ろうと、青森県三戸町と中央大学理工学研究所は22日、町役場で連携協定を結んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)