資源管理を目的とする重さ30キロ未満のクロマグロ未成魚(小型魚)を対象とした漁獲規制に関し、県は10日午前、本県太平洋側の関係25漁協に対し、定置網漁でのマグロ小型魚に関する「県操業自粛要請」を出した。6月末までの漁獲実績が40.7トンに上り、来年6月までの定置網の上限値(42.0トン)の95%を超えたため。本県日本海側の関係15漁協には「県警報」を発令した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)