寸劇で認知症患者との接し方を伝える地域包括支援センターの職員

 板柳町地域包括支援センターは3日、板柳東小学校で認知症サポーター養成講座を開いた。6年生13人が認知症の症状や患者との接し方を学び、終了後サポーターに任命された。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)