佐井村とシャープとの連携事業に力を注いだ和田和彦さん=2014年3月、村提供
8月から発売予定の「津軽海峡佐井湊 ヒラメの豊盃粕漬け」

 佐井村が村産ヒラメを活用してシャープのオーブンレンジ「無線LAN対応ヘルシオ」向けに「津軽海峡佐井湊 ヒラメの豊盃(ほうはい)粕(かす)漬け」を開発した。8月から販売する。人口2200人余の漁村と大手総合家電メーカーの異色コラボが実現した陰には、村の漁業再生の志半ばで亡くなった漁師、和田和彦さん=当時(59)=の存在があった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)