三沢市を事前合宿地に選んだ理由を語るカデュー氏(左)とウォン氏=16日午後(現地時間)、カナダ・リッチモンド
車いすラグビーの試合の一場面。車いすで激しくぶつかりながらボールを奪い合い、ゴールラインを目指す=15日夜(現地時間)、カナダ・リッチモンド

 2020年東京パラリンピックの事前合宿地に青森県三沢市を選んだカナダのウィルチェアーラグビー(車いすラグビー)チームの関係者が25日までに、カナダ・リッチモンドで東奥日報紙単独インタビューに応じた。同市を選んだ決め手として、宿泊施設などのバリアフリー化の取り組みと、市側の積極的な協力姿勢を挙げた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)