天間林小学校の6年生が手作りしたカルタとすごろく、ガイドブック

 青森県七戸町の天間林小学校(渡辺浩美校長)の6年生57人が、世界文化遺産候補となっている「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産の一つで、同町にある「二ツ森貝塚」を題材にしたカルタとすごろく、クイズ形式のガイドブックを作った。来年4月にオープン予定の「仮称・二ツ森貝塚縄文資料館」(旧天間東小学校)などで展示される。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。