閣議後会見で質問に答える梶山経産相=11日、経産省

 大手電力でつくる電気事業連合会が、原発を持つ各社での共同利用を検討する使用済み核燃料中間貯蔵施設(青森県むつ市)を巡り、梶山弘志経済産業相は11日の閣議後記者会見で、17日に電事連から使用済み核燃料対策について報告を受けると明らかにした。電事連は翌18日、県、むつ市にも直接説明する方針。使用済み核燃料のむつ市への集約を巡っては、類似の報道が出た2018年に世耕弘成経産相(当時)が会見で否定した経緯があるが、梶山氏は「電事連の話を聞いてから判断する」と述べ、否定はしなかった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。