「のもの」上野店で自社の商品をアピールするグロウスの須藤社長(左)

 JR東日本グループは8日、東京の上野駅構内にあるショップ「のもの」で、本県と函館エリアの産品を集中的に販売する「青森のものwith函館」を始めた。県やみちのく銀行との共催で、上野と秋葉原の「のもの」両店で時期をずらしながら9月上旬まで開催する。上野店には本県の加工食品や和洋菓子、工芸品のほか、「いかめし」など函館側の名物が並び、来店者が買い求めていた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)