模擬投票で1票を投じる筒井小の児童たち

 日本青年会議所青森ブロック協議会は8日、青森市の筒井小学校(舘山紀大(のりとも)校長)で選挙に関する出前授業を行い、6年生約90人が模擬投票を通じて選挙の仕組みや大切さを学んだ。選挙権年齢引き下げにより、6年後には有権者となる児童たちは授業後、「18歳になったら選挙に行きたい」と、そろって話した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)