「手のなる方へ」のレコーディングに臨む古屋敷さん
小山和子さんの店舗兼住宅前には規制線が張られ、21日も鑑識作業が続いた=午前11時ごろ、青森市北金沢2丁目

 アマチュアミュージシャンによる音楽祭「ミュージックレビューHACHINOHE」が24日、青森県八戸市公会堂で開かれる。階上町出身・在住のシンガー・ソングライター古屋敷裕大さんが、同イベント初のイメージソング「手のなる方へ」を制作し、20日にレコーディングを行った。古屋敷さんは「八戸の海や街並みをイメージして作った歌。みんなで手拍子をしながら楽しく歌ってほしい」と呼び掛ける。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)