日本原燃が2022年度上期としている青森県六ケ所村のMOX(プルトニウム・ウラン混合酸化物)燃料工場の完工目標を、「24年度上期」に2年程度延期する方向で最終調整していることが7日、複数の関係者への取材で分かった。中断していた建屋の建設や追加された安全対策工事に時間を要することが主な要因という。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。