津軽峠に向かう県道岩崎西目屋弘前線は通行止めが続いている=1日、西目屋村暗門

 県内外から多くの観光客が訪れる世界自然遺産・白神山地。本格的な観光シーズンを迎えたが、西目屋村や鯵ケ沢町、深浦町から白神に向かう県道や町道はいずれも、昨年から今春にかけて発生した道路決壊や土砂崩れによる通行止めが続いている。一部路線で今月下旬、国の災害査定が行われるが、3路線が完全復旧する見通しは立っていない。白神を重要な観光資源とする周辺町村にとって通行止めの長期化は大きな打撃で、観光関係者らは早期復旧を訴えている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)