佐井産ヒラメ粕漬けの魅力を都内でアピールする樋口村長(左)と坂井組合長

 佐井村の樋口秀視村長と佐井村漁協の坂井幸人組合長が8日、東京・平河町の都道府県会館で会見し、新たな村の味覚「津軽海峡佐井湊 ヒラメの豊盃(ほうはい)粕(かす)漬け」をアピールした。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)