長寿命化工事のため、見学できなくなる三内丸山遺跡の大型掘立柱建物=5月

 三内丸山遺跡(青森市)にある復元大型掘立柱建物(6本柱)が来年1月下旬から6月下旬ごろまで、長寿命化工事のため見学できなくなる。三内丸山遺跡センターによると、足場や屋根を掛けて周辺を覆うことになるという。今月7日からは、工事の準備で見学が制限される場合もあるとして、来場者に協力を呼び掛けている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から