青森県は4日、新たに6人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。青森市4人、東地方保健所管内と弘前管内で各1人。青森市4人のうち20~40代の男女2人は、同市の接待を伴う同じ飲食店を訪れていたことが分かり、同市で既に感染が確認されている20~50代男女4人も店の客や従業員と判明。店の感染者は計6人となり、県と市は飲食店クラスター(感染者集団)が発生したと認定した。市は接触者の把握を急ぐため、店名を同市本町2丁目の「A.story(エーストーリー)」と公表した。

 県内の感染確認は累計321人となった。

 青森市でのクラスター発生は初めて。店は従業員数人とされるが、利用客の人数などは調査中。感染が確認された客や従業員が他の店を利用していた可能性もあり、クラスターの概要や拡大リスクがどの程度かは分かっていない。

 県によると、6人は利用客5人と従業員1人。客5人はそれぞれ11月21~28日に会食の2次会、3次会などで店を訪れた。市はこの8日間が感染リスクの高い期間とみて、心当たりのある人は市保健所に連絡するよう呼び掛けている。

 小野寺晃彦市長は4日の会見で「初のクラスターを重大に受け止めている。感染拡大を最小限に抑え、早期収束を図る」と強調。繁華街での感染防止策について、県に協力を仰ぐとした。

 市によると、店は11月29日から休業。店内は比較的狭く、客が来店すると密集することもあったという。感染した6人の中には薄い素材の物で口元を隠していた人もいたが、マスクやフェースシールドは着けていなかったとみられる。

 新規感染の4人は、いずれも2日に感染が確認された同市20代女性(303例目)の濃厚接触者。このうち店を訪れていなかった20代男女2人も303例目の女性の知人で、飲食店クラスターの6人や関連を含めた感染者は計11人となった。新規4人の濃厚接触者は現時点で計10人。

 青森市以外の新規感染者2人は、東地方管内の50代男性と弘前管内の40代男性で、いずれも感染経路は不明。北部上北広域事務組合は4日、東地方管内の男性が同組合職員と発表した。県によると、弘前管内の男性は11月25~27日、東北他県を訪れ、会食していたとされるが、陽性者との接触までは確認されていない。

 青森市で3日までに判明した感染者の接触者調査では、52人の検査を終え、4日に陽性と発表した3人以外は全員陰性だった。市はこのほか11月30日以降に判明した感染者に関して新たに64人の濃厚接触者らを特定。5日以降に検査結果が判明する。