10日から弘前市パートナーシップ宣誓制度をスタートさせると発表した桜田市長

 青森県弘前市の桜田宏市長は4日、LGBTなど性的少数者のカップルの関係を公的に認める「弘前市パートナーシップ宣誓制度」を「世界人権デー」の10日に施行すると発表した。東北での導入は初めて。市役所で会見した桜田市長は「導入を機に困難な状況に置かれている人への理解と共感が広がり、多様性を尊重するまちづくりが進むことを願う」と述べた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。