「発熱トリアージ外来」の救急棟の設備を説明する病院職員(右)

 青森県十和田市立中央病院は、駐車場に新設したプレハブ棟で「発熱トリアージ外来」を7日から始め、発熱患者が本館に入る前に、新型コロナウイルス感染者かインフルエンザ感染者かを検査・判定し院内感染を防ぐ。4日、設備を報道陣に公開した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から