県庁正面に設置された東北新幹線全線開業10周年記念の横断幕=4日

 東北新幹線・八戸-新青森間(81.8キロ)が2010年に開業してから4日で10年を迎えた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、大がかりな記念イベントなどは予定されていないが同日、青森県庁正面に記念の横断幕がお目見え。関係者が、県民の悲願だった全線開業から10年の歩みを振り返り、31年春までを予定する北海道新幹線の札幌延伸に向け、意気込みを新たにした。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。