点灯が始まったごのへ郷土館のイルミネーション。玄関上には旧南部鉄道のディーゼル機関車をあしらった

 青森県五戸町の歴史資料館「ごのへ郷土館」で11月28日、年末年始の同館を彩るイルミネーションの点灯式が行われた。訪れた住民ら約30人は、周囲を幻想的な雰囲気で包むイルミネーションに見入っていた。点灯は来年1月末まで。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から