つがる市議会は3日、一般質問を行った。市側は、亀ケ岡石器時代遺跡と田小屋野貝塚の世界文化遺産登録後の観光振興策として、仮想現実(VR)技術を活用し、両史跡の当時の建物や生活の様子などを再現して見せる方法を検討したいと明らかにした。成田克子議員(五和会)の質問に答えた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から