青森県は3日、新たに8人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。青森市4人、三戸地方保健所管内2人、八戸市が20代女性1人、上十三保健所管内が20代男性1人。経路不明は上十三管内の男性1人で、県外移動歴もないという。ほか7人はいずれも既に感染が確認されている人の接触者。県内の感染確認は累計315人となった。

 三戸地方管内の1人は20代女性で、2日に同管内で感染が分かった20代男性の知人。新たに判明した八戸市20代女性もこの男性の職場関係者で、県によると、3人で一緒に会食して感染が起こったとみられる。同席者はなく、クラスターになる可能性はほぼないとされる。三戸地方管内のもう1人は行動歴や感染者との関係性など非公表の10代だが、感染経路は把握しているという。

 また八戸市で2日に感染が確認された、同市長根屋内スケート場勤務の男性市職員に関し、市は3日、接触があった知人・職場関係者12人、施設利用者2人の計14人の検体を採取したと公表した。検査結果は4日以降に判明する。

 青森市で新たに感染が確認された20~60代の男女4人は、11月30日以降に判明した感染者の職場関係者や同居人ら。いずれも県外への移動歴はなかった。市は4人の濃厚接触者について調査中としている。

 県によると、青森市の新規4人のうち2人は同居する20代男女で、同市で既に感染が確認されている20~50代男女5人と関連がある。関係性非公表の未成年を除き、現時点で少なくとも7人が感染のつながりとして1系統(グループ)とみられている。県感染症対策コーディネーターの大西基喜医師は「7人が同じ場所を介していないか、共通する立ち寄り先がなかったか、引き続き調査している。場所の接点がでてくれば、依然クラスターとなる可能性はある」と述べた。

 このほか同市60代女性は、2日に感染が判明した50代男性(関東への移動歴あり)の同居人。市は2日に感染が判明した6人の接触者23人のPCR検査を行った結果、この女性のほかは全て陰性だった。

 2日に判明した6人に関し、市はさらに接触者52人を新たに特定し、PCR検査を行っている。結果は4日以降に判明する見通し。

 感染が広がっている現状について、市保健部の浦田浩美部長は「接触者は全て追えている」と説明。今後クラスターが発生する恐れについては「あらゆる可能性を考えて、引き続き調査をしていく」と述べた。