青森署は24日、青森市荒川南荒川山の地獄沼から南に約1キロの山中で遭難していた弘前市城東中央5丁目、無職齋藤明弘さん(60)を発見、救助したと発表した。齋藤さんは20日朝、タケノコ採りのため1人で入山して道に迷い、持参したキャラメルや採ったタケノコ、沢の水で飢えをしのいだ。擦り傷などの軽傷はあるが命に別条はなく、捜索隊の質問にしっかりと受け答えしていたという。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)