北星交通が新たに始めた「北星版健診」を受ける従業員(左)

 弘前市のタクシー会社・北星交通(下山清司社長)は7日、夜間勤務や座りっぱなしで運動不足になりがちな運転手の健康増進を図ろうと「健康宣言」を行った。同社独自の健診導入、専門知識を持つ従業員の育成などで、1年間で従業員のメタボリック症候群と喫煙率の10%減を目指す。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)