フェースシールドに絵を描く生徒たち

 青森市の「学校法人木浪学園 青森県ビューティー&メディカル専門学校」(木浪賢治理事長)のトータルビューティー科1・2年生21人が、ネイルアートの技術を生かしてフェースシールドにアートを施した。生徒たちはネイルアートに使うアクリル絵の具やラメなどを使い、イメージを膨らませながら筆を動かしていた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から