飲食店従業員に客引き行為の防止を呼び掛ける一戸青森署長(中)と鹿内青森市長(右)=6日夜、青森市本町

 罰則を強化した青森市客引き行為等防止条例改正に伴い、同市や青森署などは6日夜、同市本町地区の飲食店を巡り、客引き防止へ協力を呼び掛けた。市によると、定期的に行う調査では、2014年度の客引きとみられる人数は調査1回当たり平均41.3人と、旧条例施行前(10年度)の40.7人を上回っている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)