青森県立高校再編で県教育委員会は1日、学校教育関係者ら地区意見交換会委員の意見を踏まえた、高校存続や統廃合を含むシミュレーション15例を公表した。統廃合や募集停止などの対象として具体の校名が挙がったのは浪岡、弘前南、田名部、大湊、むつ工業、三戸、名久井農業の7校。同日始まった6地区ごとの第2回意見交換会で、各例の課題や期待される効果について委員の意見を求める。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。