三村申吾知事は1日、青森県の宿泊キャンペーンの対象を16日から全国民に拡大すると明らかにした。全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大している中で踏み切る理由について、三村知事は「インバウンド需要が見込めず、(観光産業は)非常に厳しい局面を迎えている。感染防止対策を徹底した上で県外からの誘客を促進していく」と述べた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。