横浜M―全北 競り合う横浜M・仲川(左)=カタール・アルワクラ(ゲッティ=共同)
横浜M―全北 前半、先制ゴールのティーラトン(左から2人目)を祝福する横浜Mイレブン=カタール・アルワクラ(ゲッティ=共同)

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は1日、カタールのアルワクラで東地区1次リーグのH組第5戦が行われ、横浜Mが全北(韓国)を4―1で下して決勝トーナメント進出を決めた。4勝1敗で勝ち点を12に伸ばし、1試合を残して同組の2位以内が確定した。勝ち点4の全北は敗退が決まった。

 横浜Mは4度目の出場で1次リーグ突破は初めて。前半にティーラトンが先制し、後半にマルコスジュニオールが加点。1点を返されたものの仲川のゴールなどで突き放した。

 G組では広州恒大(中国)と水原(韓国)が1―1で引き分け、神戸の1位通過が決まった。(共同)

(共同通信社)