一時的に取り外す予定の道路案内板。ねぷたがぶつかったため右下角が曲がっている=弘前市土手町
ねぷた運行日に合わせて一時、横型に取り替えられる予定の一番町坂の縦型信号機

 昨夏の死亡事故を受けた弘前ねぷたまつりの改革の一環として、まつり主催4団体にねぷた運行団体も加えた5者による新主催団体「弘前ねぷたまつり運営委員会」が7日発足し、弘前市役所で設立会議を開いた。会議では、安全対策として、今年からねぷた運行の障害となっているコース上の道路案内板などを一時撤去するなどの対応を取ることを了承した。障害物対策はまつりで初の試み。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)