「海峡の湯」は四つの浴槽があり、「大湯」「新湯」「井上靖ゆかりの湯」の三つの源泉が楽しめる=1日
「下風呂温泉 海峡の湯」の開業記念式典でテープカットをした関係者
大湯の閉館セレモニーで記念写真に納まる住民たち
新湯ののれんを下ろす番台の女性
「海峡の湯」では、文豪・井上靖が滞在した長谷旅館の3号室を再現した

 青森県風間浦村の下風呂温泉郷で古くから共同浴場として親しまれた「大湯」と「新湯」が11月30日に閉館し、翌1日、新たに村営の「下風呂温泉 海峡の湯」がオープンした。津軽海峡を一望できる浴場には、大湯と新湯のほか、2019年に取り壊された長谷旅館の湯が引き継がれ、一度に3種類の泉質が楽しめる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。