青森県五所川原市内の投票所数を現在の37から26に削減する計画について、市選挙管理委員会は30日、これまで示していた次期衆院選からの移行という目標にこだわらずに実施を検討する考えを明らかにした。一部地区の住民から、早期の削減に反対意見が上がったため。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から