青森県教育委員会の和嶋延寿教育長は30日の県議会一般質問で、公立小中学校について、学校給食費を地方公共団体の会計に組み入れる「公会計制度」を採用した上で、徴収管理も行っているのは4市町村にとどまると明らかにした。県教委が今月11日時点の状況を調べた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から