ピンク色のライトに照らされた弘前公園外堀の桜の木=追手門付近

 弘前公園外堀の冬の桜の木に照明を当て、満開時期のように楽しんでもらう「冬に咲くさくらライトアップ」が1日に始まるのを前に、実行委員会(米山竜一代表)は11月30日、試験点灯を行った。点灯区間を昨年の倍の約1キロに延ばし、冬本番へ準備を整えた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。