津軽地方を舞台にした映画「いとみち」は、2021年6月18日に青森県内で先行上映され、同25日に全国で公開されることが決まった。

 「いとみち」は、人見知りで内気な女子高校生・相馬いとが、メイドカフェで始めたアルバイトをきっかけに成長していく姿を描いた物語。

 青森市出身の横浜聡子監督がメガホンを取り、平川市出身の女優駒井蓮さんがヒロインを務めたほか、父親役に俳優豊川悦司さんらが出演。9~10月に弘前市などで撮影が行われた。

 駒井さんが12月2日で20歳を迎えることから、映画の製作委員会は1日から、「ガンダム作家」の安彦良和さん(弘前大学出身)とのコラボイラストステッカーや、本作の非売品ポスターをプレゼントするキャンペーンを実施している。

 映画「いとみち」のツイッター公式アカウントをフォロー、リツイートすると応募することができる。